鹿児島県中小企業団体中央会は、中小企業が1社では実現できない様々な課題について、連携組織を活用した経営革新・合理化を提案します。

株式会社コルテーヌ 代表取締役 黒木京子 氏

組合・企業インタビュー

誰かのために、自分のために 我が社に関わる人々が幸せであるために

株式会社コルテーヌ 代表取締役 黒木 京子 氏

 鹿児島市中町の照国通表参道にある株式会社コルテーヌ。
 「アフターナインのリラックス」の提案をコンセプトに、心身ともにくつろげるグッズショップ、パソコン・CAD スクール、アロマセラピースクール等の事業を展開している。
 今回は、女性経営者として同社を率いる黒木京子社長にお話しを伺った。

納得した生き方をしたい

黒木京子氏

学校を卒業後、昭和41 年に両親が経営していたふとん屋(鹿児島市中町)に就職しました。昭和23 年創業で、創業時から経営も順調に推移していたのですが、私が就職してから、周辺各地にスーパー等ができ、ふとんを取り扱う異業種店が増えたこと等から、会社の経営が苦しくなりました。
 当時、私はこのふとん屋をどうにかしたい一心でした。ふとん専門店だから、当然お客はふとんを買いに来店される。しかし買いたいふとんがなければすぐに帰ってしまう。だから買わなくてもふらりと立ち寄れる店を作りたい。
 人は追いかければ逃げていく。売りたいふとん(商品)ばかりをどっと店内に置いても逆効果。そこで、店内に遊びや癒しの空間を提供することや、生活・インテリア雑貨を置いてみること等、いろいろな事案を社長に提案しました。
 しかし、どれもこれも受け入れてもらえませんでした。くやしかったですね・・・。それから自分が本当にやりたい事業を行いたいとの強い思いから、紆余曲折の中、現在の会社であるコルテーヌを立ち上げることになりました。
 自身の気質でしょうか、自分が納得できないことはしたくない性分で、生き方も同じ、納得できない生き方はしたくない、いや、できないのでしょうね。でもあの時、ことごとく反対されたことが今のコルテーヌにつながっている。そういう意味では感謝しています。


誰かのために仕事をしたい

画像の説明

 現在自社では、ショップ、パソコン・CADスクール、アロマセラピースクール等様々な事業を展開しています。しかし根っ子は全て同じで、「インテリアはリラックスするもの」から起因しています。ですから、会社としては一つの事しか行っていません。幹から小枝が出て、その枝に葉がつき花が咲く。咲く花は皆同じ香りがし、同じ色が咲くといった、コルテーヌはこんな会社です。
 私はこうした事業を通じて、「世の中のみんなが幸せになり、素直な心でいてほしい」と思っています。コルテーヌに来たお客さん同士で仲間の輪ができ、サークル活動みたいに発展していくといったようなことが理想です。
 もちろん企業経営には利益確保が必要です。しかし、数字ばかりを追っていてはだめですね。「自社に携わる誰か(人)のために、地域のために、社会のために」そういう思いで仕事をしたい。
「情けは人のためならず」ということわざがありますが、結局はそれが自分のためになり、企業の成長に繋がると思っています。
 こんな話を聞いたことがあります。「歌手の長渕剛さんは、デビュー時、レコード大賞をとるとか金儲けをしたいという夢で活動していたがヒットに結びつかなかった。しかし、歌手をやめて田舎に帰ろうと思った時、『自殺をしようと思っていたが、長渕さんの曲を聴いて頑張ろうと思った』とのファンレターをもらい、それからは誰かに勇気を与える曲作りに心がけた。その結果、ヒットに結びついた」と・・・。私の経営に対する姿勢もまさにそこですね。


経営方針と人生観は同じ

画像の説明

 自社の経営方針と私の人生観は全く同じです。
 私は、生きることに一生懸命でない人は、いい仕事はできないと思っています。子育てがしっかりできない人はいい仕事はできない。だから、私は自分流に毎日を一生懸命生きようと思っています。
 経営にも人生においても、必ずチャンスというものが訪れます。そのチャンスを的確に捉え、ものにできるか否かは、いつも一生懸命生きているかどうかで決まります。常に仕事のことを考えろと言っているのではなく、仕事も私生活も一生懸命生きることが大切だということです。
 人は困難に遭遇した時、真の人間性が現れます。
経営も常に順風満帆ではなく、いつ苦難がおとずれるかわかりません。その時にも凛とした経営者でいるために、何事も一生懸命でいたいですね。


従業員に期待すること

画像の説明

 私は、人間はみんなどんな偉い人でも50/50(fifty・fifty)だと思っています。長所50、短所50。
 だからリーダー(経営者)として、その人の長所をうまく引き出してあげることが大切だと思います。
 従業員が指示をされて動くのではなく、自分で動くようになる。それがリーダーとしてのあるべき姿だと思います。子供が「宿題をしなさい」と言われると、「今やろうと思っていたのに」と反発し、身が入らなくなりますよね。従業員には、指示・命令されるのではなく、自分の意思で行動をしてほしいですね。
 また、誰にでも失敗はあります。しかしその失敗を次に活かせたら、それは失敗ではなく、成功へのプロローグです。だから、失敗をしてもそこで終わらず、その先に結び付ける従業員に育ってほしいと願っています。
 従業員には、いやいやながら会社に来て欲しくありません。「会社のために頑張る」、「社長のために頑張る」とかではなく、精神的に自由であり、「自分の向上のために頑張る」気持ちで仕事に取り組んでほしいと思っています。


地域とともに生きる

画像の説明

 来春、九州新幹線が全線開通しますが、期待とは逆に、鹿児島から福岡へ、あるいは大阪へと人が流れるのではないかと不安を抱いています。「鹿児島市の中心商店街である天文館」の各店舗も売上げが減少するのではないでしょうか?
 こうした状況の中、天文館(地域)で商売する一員として、自社単独ではなく、周囲のお店と連携しながら共生して事業を展開していくことがますます大切になってきます。
 会社名の「コルテーヌ」の語源は、ラテン語で「人の輪」、「包み込む」という意味があります。社会の中で、法人という人格が容認されるためには、人、地域の中で一緒に歩むという姿勢が大事だと思っています。
 平成18 年に現在の自社ビルに建て替えましたが、当時、設計士とは設計的な話しはせず、私の事業に対する想いばかりを話していました。そして完成後に天井に21 個のホールがあるのにびっくりしました。設計士から、「このホールから21 世紀の光を宇宙に向けて発信するのです。」と言われました。このようにコルテーヌが光輝き永遠に継続できるように頑張っていきたいと思います。


株式会社コルテーヌ

  • 設立:平成2 年10 月
  • 住所:鹿児島市中町4 番7 号 TEL 099-222-5858 FAX 099-805-0929
  • 事業内容
    • インテリアSHOP
      • アロマセラピー、ギフト、風水、バス、ベビー、癒しのCD 他
    • パソコン・CADスクール
      • 各種資格取得、就職支援、企業向けCAD 講習 他
    • アロマセラピースクール
      • (社)日本アロマ環境協会総合資格認定校(基礎コース、インストラクター、セラピスト)、バッチ国際教育プログラム
    • カルチャースクール
      • べビーマッサージ、マヤ暦コズミックダイアリー、ヨガ 他

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional