鹿児島県中小企業団体中央会は、中小企業が1社では実現できない様々な課題について、連携組織を活用した経営革新・合理化を提案します。

経営支援に関する連携協定締結

2017/11/27 損害保険会社3社と「経営支援に関する連携協定」を締結しました

20171127_02.jpg

 本会は、三井住友海上火災保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、東京海上日動火災保険株式会社と「経営支援に関する連携協定」を締結いたしました。

 損害保険3社と同時に協定を締結するのは、全国の中央会で初めてのことであり、この度締結した連携協定は、損害保険会社それぞれの「強み」や「特徴」を生かし、本会と一丸となって、中小企業等が抱える様々な経営課題の解決に向けて取り組んでいく内容となっております。

 三井住友海上火災保険株式会社
 1.起業家育成支援
 2.後継者育成支援、事業承継支援
 3.販路拡大支援
 4.インバウンドビジネス支援

 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
 1.企業におけるリスクマネジメント体制構築支援
 2.地域防災体制の向上
 3.企業におけるヘルスケア
 4.企業における女性活躍推進

 東京海上日動火災保険株式会社
 1.海外進出・展開企業へのリスクマネジメント対応
 2.地域誘客促進支援
 3.会員企業・組合への事業継続計画(BCP)普及・策定対応
 4.健康経営・働き方改革対応

 本会におきましても、今回の協定締結を契機に、各保険会社が保有する知識・経験・ノウハウの提供を受けながら、「会員組合等への専門家派遣」、「セミナーや研修会の開催」、「経営やリスクマネジメントに関する有益な情報提供」などを行い、県内中小企業者のさらなる経営強化や地域創生及び活性化を強力に推進してまいりますので、各種支援に関するご要望等ございましたらお気軽にお申し付けください。

20171127_01.jpg20171127_03.jpg

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional