鹿児島県中小企業団体中央会は、中小企業が1社では実現できない様々な課題について、連携組織を活用した経営革新・合理化を提案します。

九州チャレンジ・ワークショップ

2020九州チャレンジ・ワークショップ(第1回)を開催します
(九州経済産業局)

 ブラジル・リオデジャネイロでのオリンピック・パラリンピック大会が昨年9月に閉幕し、いよいよ2020年東京大会に向けたカウントダウンが始まっております。
2020年に向けては、九州各地でも、事前キャンプ誘致やホストタウン登録の動きに加え、2019年ラグビーW杯(福岡県、大分県、熊本県開催)や女子ハンドボール選手権(熊本県開催)、2021年世界水泳(福岡県開催)など、大規模国際スポーツイベントの開催が目白押しとなっており、今後、世界中から日本への関心の高まりが予想されます。
 これからは、日本の食や文化など、海外に向けた九州の魅力発信や、国内外の需要獲得に向けた絶好のチャンスです。そこで、九州・沖縄地方産業競争力協議会※(大規模国際スポーツイベント活用分科会)では、2020年を一つのビジネスチャンスと捉え、今後の事業展開を検討する事業者や自治体の取組を促進するため、様々な事業機会の獲得に向けた情報の提供等を目的とするワークショップを開催致します。

 第1回目となる今回は、2020年東京大会関係の調達(食材を含む)等に関連して、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う持続可能性に配慮した取組み(仮)について、また、(公財)東京都中小企業振興公社より、大会関連の発注・調達情報を一元的に集約した情報ポータルサイト「ビジネスチャンス・ナビ2020」についてご紹介いただく予定です。
 2020年を一つのビジネスチャンスと捉え、今後の事業展開を検討されている皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

※九州の官民が一体となって、次世代の成長産業の育成など、九州の産業競争力の強化を推進する会議体(共同事務局:(一社)九州経済連合会、大分県、九州経済産業局) とされています。

日時

平成29年1月25日(水)13:30~16:00(13:00受付開始)

場所

TKPガーデンシティ天神 M-4会議室(福岡市中央区天神2−14−8 福岡天神センタービル8F)

対象者

2020年を契機とした新規事業等に関心を有する事業者、経済団体、自治体等

定員

100名(先着順)※会場の都合上、定員超過により参加をお受けできない場合があります

参加費

無料

プログラム

趣旨説明
東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う持続可能性に配慮した取組みについて(仮)
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
「ビジネスチャンス・ナビ2020」について(仮)
(公財)東京都中小企業振興公社
質疑応答・意見交換 ※終了後、名刺交換・個別相談を予定

申込みはこちらから
http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1701/170111_1.html

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional